HOME > 知っておきたい基礎知識! > 通販型自動車保険の安い理由

徹底したコストカット!

通販型自動車保険は、これまでの代理店タイプと比べて同じ補償内容でも、かなり保険料が安く抑えられています。
その理由は、保険会社が代理店を持たないからです。
代理店があれば、手数料が掛かりますし、営業マンの給料、営業に掛かる諸々の経費が掛かります。
その費用が保険料に上乗せされているので、代理店の保険料は通販型に比べて高く設定されているのです。
通販型自動車保険は、このような経費があまり掛からないので、保険料が安いのです。

リスクの高い人とは契約しないため

1998年度に自動車保険が完全自由化になり、独自のデータを参照して保険料を自由に設定できるようになりました。
このことと、インターネットの普及により、通販型の自動車保険が浸透して来ました。
徹底したコストカットによる安い保険料の設定や、完全自由化により、契約者数も年々増加中です。
契約者が増加すれば、保険料をもっと安くすることも可能です。多くの条件が重なって通販型保険が安くなっているのです。

このページのトップに戻る