HOME > 知っておきたい基礎知識! > 対人賠償保険

自賠責保険で賄えない分をフォロー

対人賠償保険とは、任意保険の中でも99.9%の人が無制限契約をしている保険と言われています。
一般的には、自賠責保険で賄えないのが対人補償ですし、自賠責保険でも最高補償額が死亡の場合でも最高3000万円となっています。
しかし、死亡事故の場合は自賠責保険では賄えないのが一般的です。足りない分を補償してくれるのが、対人賠償保険となっています。

認定金額は死亡事故の場合は億単位になることも

では、対人賠償金額はどのように算出されるのでしょうか?
死亡事故の場合は、事故に遭った当事者が生きていた場合にこれから稼ぐはずだろうと思われる金額により認定額が違います。
ですから、より若い方や事故当時の年収が高い場合は、賠償額も高くなるのです。
高額な認定の場合は2億や3億という賠償額になりますから、この額から自賠責保険で賄えない金額が任意保険から支払われます。

このページのトップに戻る