HOME > 知っておきたい基礎知識! > 対物賠償保険

自賠責保険で賄うことはできない補償

対物補償は、自賠責保険で賄うことができない補償です。
ですから、任意保険に加入していないとすべての額を自己負担することになります。
自分が所有している物は補償対象にはなりません。あくまでも、他人が所有しているものを補償する保険です。
一般的には、他人の車両、ガードレール、看板、家屋などが対物賠償となっています。

対物賠償保険の補償額

対物賠償保険はどのくらいの補償額で契約したらよいのでしょうか?
一般的な事故での対物補償額で多いのは1000万円までですが、まれに高額な荷物を積んでいる車両への補償や、立派な家屋や店舗への補償となると1億円の請求が出ることもあります。
補償額が1000万円の場合と無制限の場合とで保険料がそこまで変わらない場合は、安心の意味を込めて無制限契約にしておくとよいでしょう。

このページのトップに戻る