HOME > 知っておきたい基礎知識! > 自損事故保険

相手のいない事故に適用

事故の際に、かならず相手がいるとは限りません。
例えば、ガードレールにみずがら突っ込んで行くような事故もありますし、カーブを曲がり切れずに崖から落ちるような事故もあります。
このような事故は自損事故といい、人(自損事故ですから、保険の契約者本人)に支払われる保険のことをいいます。
車両への補償はありません。一般的に、自賠責保険から保険金が下りない場合に補償される保険です。

相手の過失がゼロの場合に適用

自損事故でも、相手に全く非が無いような事故もあります。
例えば、信号待ちの車に追突するような場合や、センターラインを越えて対向車と激突したような場合です。
相手がいる場合の自損事故で、相手側の過失がゼロの場合は相手側の保険を使うことはできませんので、こういう場合にも自損事故保険の出番ということになります。

このページのトップに戻る