HOME > 知っておきたい基礎知識! > 無保険車傷害保険

いざというときの強い味方

無保険車保険とは、事故を起こした相手が任意保険の対人賠償保険に加入していない場合、死亡保障が自賠責保険では賄えません。そのようなときにこの無保険車保険が有効です。死亡した場合と後遺障害が残った場合に適用されます。
怪我の治療や車両の補償には適用されません。
最高保険金額は一律どの保険会社でも2億円の設定になっています。

任意保険に加入していても保険が下りないケース

事故の相手が任意保険に加入していたとしても、保険が下りない場合にも、無保険車傷害保険が適用されます。
例えば、相手が飲酒運転や酒気帯び運転をしていた場合。
自殺行為だった場合や、麻薬の使用が認められた場合。
もしくは、任意保険の契約を制限している場合に、それに認められない運転者が運転している場合の事故などです。

このページのトップに戻る