HOME > 知っておきたい基礎知識! > 搭乗者傷害保険

保険金が下りても等級が下がらない保険

搭乗者保険とは、契約している車に乗っている運転者やその同乗者に支払われる保険のことを言います。
この保険は、保険料が安い上に、請求したとしても保険の等級が変わらない保険です。
相手側の人身傷害保険などで保険金が下りていたとしても、請求すれば保険金がこちらからも下りるので請求し忘れないようにしましょう。

自分に100%過失がある場合でも保険金を受け取れる

他の保険より、比較的早く保険金の下りる上に、他の傷害保険で保険金を貰っていても請求が可能であり、等級も下がらないのがこの保険のメリットなのですが、一般的には知られていないので搭乗者傷害保険に加入していたとしても請求していないパターンが多いようです。
また、自分に過失が100%あるような場合でも保険金が下りるので大変ありがたいといえます。
保険の支払い方法には2つあり、通院日数に応じて支払われる場合と、部位症状別払いがあります。

このページのトップに戻る