HOME > 知っておきたい基礎知識! > 人身傷害補償

相手側の保険が使えないときに適用となる

人身傷害補償とは、示談成立がされていない場合でも支払われる保険のことです。
怪我や入院などの費用はもちろん、働けない間の収入、精神的傷害など幅広くサポートしてくれます。
対人賠償保険は他人への補償になりますが、この人身傷害補償は自分への補償となり、相手側の保険が使えない場合の補償ということになります。
相手側の保険も使い、人身傷害補償も使うということはできません。

家族の歩行中や自転車事故もサポート

人身傷害補償は、車に乗っていない場合の歩行中の事故や自転車やバイクに乗っているときの自動車事故も補償されます。補償されるのも、契約者本人とその家族になっているので、家族の多い人や自転車に乗る機会の多い子供がいる家庭では加入しておくと安心です。
ただし、この特約を付けるとどうしても保険料が高くなりがち。
保険料が気になる場合は、補償額などを考慮しながら加入しましょう。

このページのトップに戻る