HOME > 知っておきたい基礎知識! > 年齢条件

運転者の限定をしてみる

保険料を安くしたい場合に、運転者の年齢や条件について考えることは最重要ポイントです。
年齢に関係なく補償という場合はどうしても保険料が高くなりがち。
本人しか運転しない場合には本人限定を、夫婦のみという場合には夫婦限定など、限定される人数が減れば減るほど保険料が安くなる仕組みです。
一般的に、家庭用の車の場合は運転者はだいたい決まっているはずですから、運転者を限定することで保険料を安くしましょう。

使用目的や年齢設定を確認してみる

条件については、通勤や通学使用の場合は保険料が高くなっています。もし、以前は通勤や通学に使用していたけれども、今は休みのときしか運転しないという場合は、条件の変更をしましょう。
運転者の年齢についても、これは保険会社で年齢の区切りが違いますが、一番高い年齢設定ですと保険料は安くなります。
これは、運転歴の浅い若者がどうしても事故を起こしやすいからなのです。

このページのトップに戻る